ワキガ多汗症:手術療法は美容外科クリニカ市ヶ谷

03-3237-8661

ご予約・お問い合わせ

美容外科

ワキガ多汗症
ワキガ多汗症:手術療法

ワキガ・多汗症とは

多汗症とは汗の分泌量が多い状態です。日常生活に支障をきたすほどの大量の汗をかくのが特徴で、体温の調節に必要な範囲を超えて異常な量の発汗をすることを指す症状です。手、足、腋窩(腋の下)、額など、汗腺が密集している部位に多く発生します。 多汗症の人が、ワキガであるとは限りませんが、汗に雑菌が発生すると臭いを生じることがあります。

特にワキの下は汗をかきやすく、ワキの下を伝って汗が流れたり、ワキの下の黄ばみができ汗じみの原因となって清潔感を損なうこともあります。 清潔感が重要される現代日本社会では気にされている方が非常に多くいらっしゃいます。

また、精神的な緊張やストレスを感じた時に大量の汗をかき、その汗が気になってさらに緊張してしまうなどの悪循環に陥ることもあり、深い悩みを抱えていることもあります。 ワキガは、わきの下から強い独特の臭いを放つ症状のこといいます。

わきの下にあるアポクリン腺から分泌された汗が皮脂の表面の細菌によって分解されたときに独特の臭いを発するのです。 汗を分泌する腺には、エクリン汗腺 ・アポクリン汗腺 という二種類の分泌腺があります。

そのうちエクリン汗腺というのは、全身の皮膚に分布している汗腺です。なかでも特にわきの下や手足のひらに多くあります。エクリン汗腺の汗の成分は99%の水と1%の塩分や尿素、アンモニアで、臭いはほとんどありません。

一方、アポクリン汗腺は、わきの下や乳輪、陰部、外耳道、臍など、身体の限られたところにしかありません。アポクリン汗腺の汗の成分には、臭いの元となる物質が分泌されています。

この汗の成分が細菌などによって分解されて臭いを発するものが「ワキガ」なのです。すなわち、ワキガの犯人はこのアポクリン腺。アポクリン腺は誰にでも存在し、皮膚の裏側に粟粒のような形で並んでいます。ワキガの治療ではこのアポクリン腺の働きを弱めたり、アポクリン腺を除去したりして臭いと汗を抑えます。

このような方に
おすすめ
シャツの汗ジミや臭いが気になる
ワキガが気になり制汗剤が手放せない
清潔感を保ちたい

クリニカ市ヶ谷のワキガ・多汗症治療

多汗症治療

ボトックス注射が最も手軽でありながら強力な効果を発揮します。

1.注射療法(ボトックス注射)

美容外科領域では長年、メスを使わない多汗症治療として、ボトックスなどのボツリヌス毒素製剤が使用されてきました。お顔の表情ジワの治療に使用されることの多いボツリヌス毒素製剤ですが、皮下に注射することで発汗作用を行う筋肉 の動きを抑え、エクリン腺から分泌される汗の量を抑えます。 ボトックスを大体片側25単位~50単位、打つことで汗が出るのを抑えます。 注射後2~3日後から効果が現れ、その効果は3~6ヶ月程度持続します。

●当院で使用しているボツリヌス毒素製剤

ボツリヌス毒素を精製して製剤化された製品です。米国のアラガン社から、厳重な製品管理のもとに製造された製品で、安全性の面で最も信頼性の高い製品といえます。FDA承認済みです。神経伝達物質を遮断し、発汗を強力に防ぎます。

>> 当院のボトックス

ワキガ手術治療

ワキガ・わき多汗症治療として剪除法(せんじょほう)での手術をおこなっております。可能な限り多くの汗腺を手作業で一つ一つ丁寧に除去します。ワキガ手術の効果は高く、一度取り除いた汗の腺は再生しません。 シワにそって切開し美容外科の技術で丁寧に縫合するためあまり目立ちません。

施術の流れ

カウンセリング 患者様のお悩みをお伺いした上で、診察し注射療法か手術をご提案いたします。
麻酔 局所麻酔でおこないます。
施術 手術時間は片わき約30分程度です。
傷跡が目立ちづらくなるようシワにそった最小限の切開ラインから、汗とワキガのにおいの元になるアポクリン腺とエックリン腺を丁寧に除去します。美容外科の技術で傷跡を考慮した切開幅や切開箇所で丁寧に施術をおこないます。
注意事項
  • 切開線イメージとして傷跡3~5cm(体格による)です。

■最近閲覧したページ


お問い合わせは、
形成外科・美容外科 外来受付まで

お電話でのお問い合わせ

0120-031-976

03-3237-8661

電話受付時間 9:45~17:30(火・日・祝祭日は除く)

メールでのご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ