乳房下垂の手術は美容外科クリニカ市ヶ谷

03-3237-8661

ご予約・お問い合わせ

美容外科

バストのお悩み
乳房下垂の手術

乳房下垂の手術とは

子供を産んだ後などで生ずる乳房のボリューム減少や、年齢による乳房の下垂を修正する手術が乳房下垂の修正手術で、本当にいろいろな術式が開発されています。

基本的な手術は、乳輪の周囲を丸く切開しこの創から下垂している乳房を挙上した後、余った皮膚を切除するものです。最近では手術痕をできるだけ小さく目立たないものにするため、下垂が高度でなければ乳輪周囲の切開のみで、巾着状に余分な皮膚を切除縫合する方法もとられています。

また乳房の大きさが大きく落ち込んでいる時にはシリコンバッグを用いた増大術を併用する場合もあります。この他、陥没乳頭や、乳房の非対称など乳房にかかわる美容外科手術はことのほか多いものです。ご相談ください。

このような方に
おすすめ
年齢とともにバストが垂れてきた
授乳後、バストがたるみハリがなくなった
左右差のバランスが悪い

クリニカ市ヶ谷の乳房下垂の手術

授乳や加齢によるバストのたるみやハリを取り戻し、美しく整えます。軽度の下垂に対しては、人工乳腺(シリコンバッグ挿入)を用いた豊胸術をおこなうことでかなりの改善が得られます。中等度の下垂に対しては、乳輪の縁に沿ってドーナツ状に皮膚を切除し、下垂したバストを引き上げ、バストの形や、乳頭の位置を調節します。

重度の下垂の場合には、引き上げの際、余剰となる皮膚を切除する必要が生じます。傷あとは乳輪の縁と、乳房下溝に逆T字型に残ります。

施術の流れ

カウンセリング 乳輪・乳頭を何cm引き上げるか、皮膚をどのような形で切除するか、そのための皮膚切開線を座った状態でデザインをします。
麻酔 全身麻酔でおこないます。
施術 乳輪周囲を切開し、余剰の皮膚を切除いたします。乳腺の下層を広範囲に剥離します。この剥離によって、乳房組織が上方に移動しやすくなります。乳房を吊り上げた状態で形状を確認して、適切な位置に固定いたします。乳輪周囲の皮膚を縫縮して終了です。
注意事項
  • 乳輪の縁にはギャザーという皮膚のシワが残りますが、時間とともに馴染んでわかりにくくなります。

費用については、カウンセリング時にお伝えします。

■最近閲覧したページ


お問い合わせは、
形成外科・美容外科 外来受付まで

お電話でのお問い合わせ

0120-031-976

03-3237-8661

電話受付時間 9:45~17:30(火・日・祝祭日は除く)

メールでのご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ