反対咬合(下顎前突)は美容外科クリニカ市ヶ谷

03-3237-8661

ご予約・お問い合わせ

美容外科

輪郭形成術
反対咬合

反対咬合(下顎前突)とは

上アゴに比べ下アゴが前に出ている状態、いわゆる受け口のことです。反対咬合(下顎前突)の多くは下アゴ全体が前方にスライドしているだけで、オトガイ自体が大きいわけではありません。下アゴ全体を後方にスライドさせるのが本来の治療です。

このような方に
おすすめ
噛みあわせが悪い
下アゴが大きい

クリニカ市ヶ谷の下顎前突症(反対咬合)手術

治療に当たってはまず提携の矯正歯科を受診していただきます。そこで、歯型の作成などを行い、矯正装置を装着していただきます。

通常歯科で行う反対咬合(下顎前突)の治療は、術前矯正期間が1年~2年ほどありますが、当院では、患者様のご負担をなるべく減らすために、術前矯正期間を1~3ヶ月に短縮しております。

当院で提携している矯正歯科はこの様な症例を多く経験しており、信頼できるので、このような手術が可能になっています。

>> 詳しくはこちら


■最近閲覧したページ


お問い合わせは、
形成外科・美容外科 外来受付まで

お電話でのお問い合わせ

0120-031-976

03-3237-8661

電話受付時間 9:45~17:30(火・日・祝祭日は除く)

メールでのご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ