施術案内 〜ボディの形を整える〜

あなたの身体の形を整え直したり、乳房の形を整えたり、お腹を引っ込めたり、余分な脂肪を取り去ったりするいろいろな美容外科手術が用意されています。これらの手術は場合によっては大きくし、あるいは引き上げ、あるいは余分な組織を切り取って、効果的に、時には永続的にあなたの体型を整える手術の数々です。 これらの中には、ほとんど気が付かないほど小さな傷痕から手術が行われることもあります。あなたの期待をかなえるために、脂肪ならびに皮膚を大きく切り取らなければならない時には、大きな手術痕を残す場合もあります。

乳房下垂の手術

子供を産んだ後などで生ずる乳房のボリューム減少や、年齢による乳房の下垂を修正する手術が乳房下垂の修正手術で、本当にいろいろな術式が開発されています。
基本的な手術は、乳輪の周囲を丸く切開しこの創から下垂している乳房を挙上した後、余った皮膚を切除するものです。最近では手術痕をできるだけ小さく目立たないものにするため、下垂が高度でなければ乳輪周囲の切開のみで、巾着状に余分な皮膚を切除縫合する方法もとられています。
また乳房の大きさが大きく落ち込んでいる時にはシリコンバッグを用いた増大術を併用する場合もあります。
この他、陥没乳頭や、乳房の非対称など乳房にかかわる美容外科手術はことのほか多いものです。ご相談下さい。

乳房縮小手術は巨大な乳房によって、何らかの身体的苦痛が伴ったりする場合に用いられます
この手術では新しい乳頭の位置を決定した後、その位置で一定の大きさの乳房を作るのに必要な乳腺組織や皮膚を残して、不要なものを切り取り適切なサイズの乳房を作っていきます。
方法的にはかなりのものが開発されていますが、基本的な縫合線は乳暈を一周するものと、その下に垂直に続く縫合線、ならびに乳房下線にそった縫合線が傷痕として残ります。
手術の後で、あなたの乳房はあなたの他の身体部分と釣合がとれるようになるでしょう。この手術ではかなり長大な切開が必要なため、初めのうち手術痕は気になると思います。ただ時間の経過とともにこれらの傷はかなり目立たなくなっていくものです。
下垂乳房の修正術では下垂し緩くなった乳房の形態を整えていく手術です
基本的な手術は乳房の位置を修正した後、弛んだ皮膚を取り去って乳房に張りを持たせ、かつ下垂した状態を正すものです。
場合によっては不足している乳房組織を補うためにシリコンバッグが挿入されることもあります。
手術の後で、あなたの乳房の位置は高くなり、もっとしっかりしたものと感じられるようになるでしょう。手術によってできる傷は消えることはありませんが、時間の経過とともにフェイドアウトしていきます。