施術案内 〜ボディの形を整える〜

あなたの身体の形を整え直したり、乳房の形を整えたり、お腹を引っ込めたり、余分な脂肪を取り去ったりするいろいろな美容外科手術が用意されています。これらの手術は場合によっては大きくし、あるいは引き上げ、あるいは余分な組織を切り取って、効果的に、時には永続的にあなたの体型を整える手術の数々です。 これらの中には、ほとんど気が付かないほど小さな傷痕から手術が行われることもあります。あなたの期待をかなえるために、脂肪ならびに皮膚を大きく切り取らなければならない時には、大きな手術痕を残す場合もあります。

乳房増大術

美容外科の中で最も要望の多い手術の一つです。多くは小さな乳房を大きくし張りをもたせる手術です。子供を出産した後などに生ずる乳房の量的減少を修正するためにも用いられます。
これら乳房増大手術は、要求されている量がかなり巨大なこともあって、他の身体組織を利用して十分な増大が現実的に図れないこともあって、シリコン製のバッグに入った乳房のプロテーゼを利用する機会が多くなります。(皆様もよくご存知のように、この点についてはここ10年来アメリカのFDAが問題視してきているテーマではありますが少なくともFDAも生理食塩水入りのシリコンバッグを乳房増大術に使用することは認めました。一方世界各国ではその後も数多くのシリコンプロテーゼの埋入手術が乳房増大目的に用いられ、その長期予後に関する安全性も検討され、その多くはこの方法の安全性を証明するものになっています。)ただし、あくまでもシリコンバッグプロテーゼは“異物”ですから、よく医師の説明を聞いて納得したうえでこの手術は受けて下さい。
プロテーゼの挿入経路は脇の下、乳房下線、乳輪の周囲の切開から行われます。これらの切開から乳腺の直下、あるいは大胸筋の下に作られたポケットの中にプロテーゼは挿入されます。挿入経路によって選択される麻酔は異なりますが、局所麻酔のみというのは少しつらいかなと思っています。クリニカ市ケ谷では通常全身麻酔下で行っています。
術後初めのうちは痛みや不快感がありますが、一週間程度でおさまります。およそ3ヶ月から4ヶ月は激しい運動はさけて下さい。
いろいろな問題が提起されている手術ではありますが、他に代え難い自信をあなたに与える手術でもあります。(乳房増大を目的とした脂肪注入は当院では行いません。これは注入された脂肪の周囲に石灰沈着が生ずるためです。そして将来乳ガン検診時にこの石灰化が見誤られる可能性があるためです。今のところレントゲン線上、乳ガンによる石灰化と脂肪注入による石灰化を見分けることは確率していないのです。アメリカのNational Academy in Science(国立科学アカデミー)の医学研究所の最近の報告では、シリコンプロテーゼを挿入したことによって、乳癌や特別な結合織の病気になる確率が増大することはないとの報告がなされています。)

乳房増大手術は、小さなもしくは発達していない乳房を増大させる方法です。もしもあなたの乳房がサイズ的に小さいのであれば、乳房のプロテーゼが乳房のボリュームを増大させるために挿入されます。 切開線は乳房下線、もしくは乳輪の周囲あるいは脇の下に置かれます。 インプラントはあなたの乳腺組織の直下もしくは大胸筋の下に作られたポケットの中に挿入されます。 術後あなたの乳房は増大され、あなたの外貌に対する自信を与えてくれることでしょう。