施術案内 〜鼻の手術〜

ホクロであれシミであれムダ毛であれニキビの痕であれ、手術のキズ痕であれ、また、入れ墨や赤かったり黒かったりするあざまで、不要なものを取り去ってしまう手術や施術の集合体としてこの項目を設けました。内容は小切開手術からレーザー治療まで、広範なものが含まれます。ここでは代表的なものについて説明しておきます。

アザを消す
  • 鼻骨部に対する手術

多くの方にとってハンプという言葉は馴染みが薄いかもしれません。ハンプとは"ワシ鼻"と形容される鼻背形態の中央に突出している部分をいいます。
日本人が白人の鼻をイメージした時に、おそらくこのようなハンプは自然に誰にでもあると思われるでしょうが、白人の世界では鼻のハンプを除去することが美容外科の手術の重要な目的のひとつになっています。そして同時に白人の鼻にあっては、長すぎる鼻を多少短くすることも手術の案件の大半を占めています。このハンプがあるなしは顔に与える印象として見た場合、かなりインパクトのある変化ということができます。
手術的にはこのハンプを除去すると、図に示すような鼻の土台の中央に欠損が生ずるはずです。この欠損部を埋め合わせる方法としては二通りあって、ひとつは切り出したハンプを薄く削り直して再挿入するものと、鼻骨骨切り術を用いて鼻の骨を内側に動かしこの部分を埋め合わせるものです。大きなハンプでは、この両方が同時に用いられることも稀ではありません。このハンプの除去も鼻の穴の中から行われる手術です。

  • 鼻骨骨切り術

鼻を指で押さえると上の半分は動かない部分で、下の半分は動く部分です。この硬い骨でできている部分を骨性外鼻と表現します。この部分を「鼻の裾野」と「鼻背」に近い部分で切り離し、主に内側に移動する手術を「鼻骨骨切り術」といいます。この手術に必要な切開線は鼻の穴の中です。
この手術の結果は骨性外鼻の幅が広い場合、狭くすることを可能にしています。そして図でもお解りになるように、骨から頬にかけてのスロープは少し急峻になりますので、この部分の鼻筋が通ってみえる効果を与えると同時に印象としては少し鼻は細く鼻筋が高く感じるはずです。