施術案内 〜鼻の手術〜

ホクロであれシミであれムダ毛であれニキビの痕であれ、手術のキズ痕であれ、また、入れ墨や赤かったり黒かったりするあざまで、不要なものを取り去ってしまう手術や施術の集合体としてこの項目を設けました。内容は小切開手術からレーザー治療まで、広範なものが含まれます。ここでは代表的なものについて説明しておきます。

シミ取り

日本人の鼻は最近よく発達してきましたが、それでも鼻根点や鼻背がはっきりしない方もいらっしゃるので、この部位を強調する手法が隆鼻術です。
この手術は「私の鼻さえ高ければ・・、鼻筋さえ通っていれば」といった形で比較的理解しやすい反面もあり、ポピュラーな鼻の手術の一つではあります。ただし、この手法を考える時には従来から多くの隆鼻術はシリコンプロテーゼにより施行されてきたことと、鼻は高くさえすれば全ての悩みが解決するといったある種非現実的な期待のもとに手術が施行されてきた傾向も見逃すことはできません。
ことに後者に関しては、ご自分の鼻に対する解析を正しく行い、ご自分の望みを正しく把握し、何処をどうすべきか考えたのち、やはり隆鼻術が必要なのであれば隆鼻術を選択するといった順序は踏んでいただいた方がよいことになります。
そして先述べたシリコンプロテーゼについては鼻の美容外科の代表的な手術ではありますが、いくつかの問題点や限界が語られています。そこで如何なる材料が現在用いられているか出来るだけ平易に解説しておきます。

  • シリコンプロテーゼの限界

鼻の美容外科というと、「鼻のプロテーゼの挿入」と言えるほど施行回数の上では多い手術ではあります。この手術は鼻の穴に少し入った粘膜と皮膚の境を切開し、この部分から鼻の土台と鼻の皮膚の間に、シリコンプロテーゼを挿入し鼻背を持ち上げるいわゆる隆鼻術のことです。このシリコン製のプロテーゼは、いかに身体に対して刺激が少ないといっても異物であることに変わりはありません。
そしてすでに皆様もご存知のようにシリコンのプロテーゼを鼻に挿入すれば、鼻の悩みは全て解決できるというものではありません。それば単に鼻を高くすれば全てのことが解決されるという訳ではないという意味合いの他に、少し長めのシリコンプロテーゼを挿入することによって短い鼻を長くするといった希望を叶えるために、無理した形態の大きなプロテーゼを挿入すればやがてそれは皮膚を破って外に出てきてしまうといったこの方法の限界もあります。
さらに挿入されたプロテーゼは異物ですから一生ものと考えることはできません。定かな年限は不明ですが、挿入された物質はそれなりの劣化が起こりますので、いつの時点でかは入れ替えるなり、取り出さざるをえない状態に陥る可能性があります。また挿入されたシリコン製のプロテーゼの周囲には石灰沈着なども発生します。また比較的固定性が悪く挿入されたシリコンプロテーゼが鼻の中で動くといった問題も生じるはずです。また人によってはシリコンを異物として察知し、何らかの違和感を持ち続ける方もいらっしゃるはずです。ただシリコンそのものは身体に対してかなり刺激性の少ないものであり、挿入当初に大きな問題を引き起こすわけではありません。このような変化は徐々に時間をかけながら10年、20年というスパンの中で少しずつ現れてくる問題です。
もしあなたが既に鼻にシリコンプロテーゼを挿入されていのであれば一度あなたのお医者さんもしくは他の専門医にみておいていただくと良いかも知れません。時には思のほか鼻の皮膚が薄くなっていたり、思わぬ石灰沈着があってみたりするかも知れないからです。

  • 自家組織移植による隆鼻術

シリコンプロテーゼ以外の方法で隆鼻をする方法として、耳介軟骨を利用する方法があります。
ただ耳介軟骨は耳の複雑な形からも判るように、かなり曲がった形態をしています。この曲がった耳介軟骨を上手く細工して、鼻背に挿入し、鼻を高くするのですが、実際には、術後に軟骨が耳の形本来の曲がりに戻る可能性があるため、術後変形をきたす恐れがあります。これを解消するために、採取した耳介軟骨を1o角ほどのさいの目に細かく切り刻み、それを筋膜で包んでソーセージのようなものを作り、それを鼻背に移植する方法があります。
こうすることによって、耳の軟骨は切り刻まれているわけですから、術後に元の形に戻ろうとすることはありません。耳の軟骨を無駄にすることなく、ある程度自由に大きさを決める事ができるのも利点の一つです。

  • 各種注入物の利用

ヒアルロン酸などの注入物を利用して、隆鼻を行う方法があります。この方法はダウンタイムが少なく、気に入った形を目指して、途中で形態を確認しながら少しずつ注入を行なえるといった利点があります。その反面、6ヶ月前後で吸収されてしまいますので、形態を維持するためには繰り返し注入を行なわなければなりません。これを解消するため、吸収されない注入物を使用し生涯持ちますといった夢のような話がありますが、ちょっと待ってください。吸収されない物質は、その後にどんな反応が起こるか判っていません。
数十年前にもシリコンジェルの注入によるトラブルが頻発していたにもかかわらず、そのほとぼりが冷めた頃にまたその様な注入物が復活してきているのです。歴史は繰り返されるといいますが、このような歴史は繰り返さないに越したことはありませんので、是非ご注意下さい。
ヒアルロン酸は、多少拡がる傾向にありますので、鼻筋が少し太くなる可能性があります。このような事が気になる方には、レディエッセという注入剤があります。レディエッセはヒアルロン酸に比べ拡がりにくいので、鼻筋を細くといった場合にはこちらが適しています。ただヒアルロン酸には溶解注射というものがあり、気に入らなければそれを使ってすぐに吸収させてしまうことが出来ますが、レディエッセには溶解注射がありませんので、吸収されるまで待たなくてはならないと言った事が欠点にはなります。
いずれにしても、注入物に対してはある種の危険性も語られているところですから、これらの注射を受ける際にはよく内容を吟味して下さい。
日本美容外科学会(JSAPS)のホームページを参照していただくとお解りいただけると思います。