施術案内 〜顔のしわのお悩み〜

どうしても避けられない重力や遺伝子の関係、さらには紫外線やアルコールの摂取・喫煙などから、顔はフレッシュさを失い老けていきます。若返りのための施術には、小ジワなど皮膚に対する処置も大切ですが、その中核となる手術はフェイスリフト手術です。ご希望に合わせていろいろな方法が組み合わされ、あなたの治療が計画されていきます。

額のシワ

下瞼の加齢現象は、下瞼の膨らみ、いわゆる目袋と呼ばれるものと、その下方の頬瞼溝と呼ばれる凹み、そして皮膚のたるみが主たる症状です。これらの症状がその方によってどの程度目立っているかで、治療法を選択することになります。
手術は通常局所麻酔下に行われますが、ご希望に応じ、静脈麻酔を併用することも出来ます。

  • 1. 経結膜除脂肪術

結膜を切開し目袋を形成する眼窩脂肪を切除する方法です。この方法は、表面に傷跡を残さず、目袋を減少させることができる方法ですが、かえってたるみを助長させたり、凹みを目立たせたりする可能性があるので、その適応はかなり限られたものになります。
かなり若い方で皮膚の張りがあるのにもかかわらず、目袋だけが目立ったしまう方が対象となります。

  • 2. 脂肪注入術

下眼瞼の膨らみと頬瞼溝が軽度認められる方は、脂肪注入が良い適応になります。この方法は、凹んでいる部分(頬瞼溝)に腹部や大腿部から吸引した脂肪を注入する方法です。
目袋の部分には手を付けませんので、どちらかというと、目袋の高さに合わせて凹みを改善させるといったイメージです。この方法は皮膚の切開を行わないため、傷跡も残らない良い方法です。
手術後は下眼瞼に3日ほどテーピングをして頂きます。その後はお化粧も可能ですが、1週間程度は腫れが多少目立ちます。脂肪注入法の詳細はこちら。

  • 下眼瞼除皺術(ハムラ変法)

下眼瞼の若返り手術の代表的な手術で、睫毛の直下を切開し、眼輪筋直下を剥離し眼窩下縁に達します。
眼窩隔膜を切開し、眼窩脂肪を引き出し、凹んでいる部分(頬瞼溝)を補うように固定します。例えていえば、山と谷があった場合、山を削ってその土砂で谷を埋めて平地を作成するようなイメージです。続いて眼輪筋という筋肉を引っ張って眼窩外側の骨膜に固定し、皮膚の緊張と張りを作ります。そして余分な皮膚を切り取り、皮膚を縫合します。術後は下眼瞼にテーピングを1週間して頂きます。
1週間後に抜糸とテープを外します。術後は2週間程度、腫れや多少の内出血の跡が目立つと思いますが、1週間目よりお化粧は可能ですので、それでカバーしていただくことになります。