施術案内 〜輪郭形成術〜

どうしても避けられない重力や遺伝子の関係、さらには紫外線やアルコールの摂取・喫煙などから、顔はフレッシュさを失い老けていきます。若返りのための施術には、小ジワなど皮膚に対する処置も大切ですが、その中核となる手術はフェイスリフト手術です。ご希望に合わせていろいろな方法が組み合わされ、あなたの治療が計画されていきます。

顔面非対称

顔の曲がりを気にされている方も手術で治すことが出来ます。
ただここで気をつけなければならないのが、曲がりによって大きく見える側の骨を削ったからといって、左右が対称になるわけではありません。
特にアゴが曲がっている方は、実は反対咬合(下顎前突)が隠れている場合があります。本来であれば、反対咬合になるべく骨が成長していたにもかかわらず、上手く咬めるところを探しているうちに、下顎が前方に突出するのではなく、横にずれてしまう場合があるのです。この場合に、アゴが曲がって見えるのは骨が歪んでいるのではなく、横にずれているために曲がって見えるのです。
ですからこのようなときに骨を削っても左右の対称性は得られません。この様な場合には前述の反対咬合の手術をする必要があります。こうすればアゴの曲がりが治るばかりではなく、咬み合わせも同時に改善させることが出来ます。
ご自分の顔が曲がっていると思われる方は、一度アゴを前に出してみてください。アゴを前に出すと受け口にはなるが、顔が真っ直ぐに見えるという方は、この手術が適応となります。