施術案内 〜輪郭形成術〜

どうしても避けられない重力や遺伝子の関係、さらには紫外線やアルコールの摂取・喫煙などから、顔はフレッシュさを失い老けていきます。若返りのための施術には、小ジワなど皮膚に対する処置も大切ですが、その中核となる手術はフェイスリフト手術です。ご希望に合わせていろいろな方法が組み合わされ、あなたの治療が計画されていきます。

上下顎前突

上下顎前突とはいわゆる出っ歯の状態のことです。このような状態に対しては上下顎の分節骨切り術(セットバック)が適応となります。
セファログラム(顔面規格レントゲン写真)を撮影し、骨格の分析を行います。上下顎の前突には歯だけが出ている歯性の前突と、骨が出ている骨格性の前突がありますので、まずこれを見極めます。
歯性の前突の場合は、歯科矯正治療の適応となりますので、専門の矯正歯科医をご紹介いたします。骨格性の前突と診断された場合には、上下の第1もしくは第2小臼歯を抜歯し、その部分の骨も切除して、前歯部を一体として後方に移動させます。
こうすることによって、口元の突出が改善され、魅力的な口元を作ることができます。手術後はどうしても歯に段差ができますので、歯科矯正治療の併用が必要になります。
歯並びが悪く、出っ歯でお悩みの方は、両者を同時に改善できる一石二鳥の手術です。
また軽度のガミースマイルも改善させることが出来ます。