施術案内 〜輪郭形成術〜

どうしても避けられない重力や遺伝子の関係、さらには紫外線やアルコールの摂取・喫煙などから、顔はフレッシュさを失い老けていきます。若返りのための施術には、小ジワなど皮膚に対する処置も大切ですが、その中核となる手術はフェイスリフト手術です。ご希望に合わせていろいろな方法が組み合わされ、あなたの治療が計画されていきます。

オトガイ

アゴ先のことをオトガイといいます。アゴが後退している、アゴ先が長いなどがオトガイ形成術の適応となります。
ただここで気をつけなければならないのが、アゴ先が後退している場合です。本当にアゴ先が後退しているのか、それとも口元が出ているのかを判断しなければなりません。口元が出ているのにもかかわらず、アゴ先を前方に出してしまうと、顔が大きく見えてしまうという欠点があります。そうならないためにも術前にセファログラム(顔面規格レントゲン写真)を撮影し、骨格の分析を行う必要があります。
アゴが後退していると診断されたら、アゴの先端の骨を水平に骨切りし、前方に引き出し、ワイヤーもしくはプレートで固定します。
アゴが長い場合には、オトガイの骨を必要なだけ水平に切除しアゴを短くします。
これらの手術を組み合わせて行う場合もあります。いずれの場合も骨を移動した後、段差が生じますので、この部分を丁寧に削り段差をなくしていきます。ここが非常に大切で、難度の高い部分です。
これで理想的なEライン(鼻尖とオトガイ最突出点を結ぶラインをEラインと呼び、口唇がこのライン接するかもしくはやや内側にあることが理想とされています)を作り出すことが出来ます。
アゴが長い場合にアゴ先の骨を切り取ってしまう手術法がありますが、アゴの先端には筋肉が付着しているため、この部分を切り取ってしまうと筋肉がたるみ、二重アゴの原因となることがあるので、あまりお勧めはしません。