施術案内 〜輪郭形成術〜

どうしても避けられない重力や遺伝子の関係、さらには紫外線やアルコールの摂取・喫煙などから、顔はフレッシュさを失い老けていきます。若返りのための施術には、小ジワなど皮膚に対する処置も大切ですが、その中核となる手術はフェイスリフト手術です。ご希望に合わせていろいろな方法が組み合わされ、あなたの治療が計画されていきます。

エラ

エラが張っている、顔を細くしたいとお考えの方はこの手術が適しています。
一般にエラといわれている部分は下顎角という部分を指しますが、実際には顔を細く見せるためには下顎角の部分を切り落としてもあまり効果はありません。
顔を細く見せるためには下顎骨の厚みを減らさなければなりません。そのためには下顎骨の外板の切除を行います。横から見てもエラが張っていて四角く見えるという場合には、下顎骨の下縁の骨を切除し横から見た下顎骨のラインを整えます。
また外板を切除するとかえってアゴ先の部分が太く見えることもあります。この場合にはアゴ先まで骨を削っていく必要があります。このように、エラといってもほぼ下顎骨全体の骨をバランスよく整えていかなくてはなりません。そのためにはセファログラムという顔面の規格レントゲン写真を撮影し、様々な骨の角度を計測して、どの部分をどの程度切除するかを決定していきます。
下顎角の部分だけ斜めに骨を切り取る手術がありますが、これは効果がないだけではなく、下顎角が二つできてしまいかえっておかしな形態になるので注意しなければなりません。