施術案内 〜輪郭形成術〜

どうしても避けられない重力や遺伝子の関係、さらには紫外線やアルコールの摂取・喫煙などから、顔はフレッシュさを失い老けていきます。若返りのための施術には、小ジワなど皮膚に対する処置も大切ですが、その中核となる手術はフェイスリフト手術です。ご希望に合わせていろいろな方法が組み合わされ、あなたの治療が計画されていきます。

頬骨

頬骨の手術は主に正面から見た際の横幅と、斜めから見た際の頬骨の突出が気になる方が対象となります。
頬骨に対する手術は大きく分けて、頬骨を削る手術と頬骨を骨切りする手術に分けられます。頬骨は形態上、体部には厚みがありますが、弓部に厚みがないため、削ることができるのは体部のみとなります。体部のみでは、斜めから見たときの頬骨の突出はある程度改善できますが、正面から見たときの横幅を変化させることができません。
このようなことから、当院では頬骨の骨切り手術を主に行っております。
頬骨の骨切り手術は口腔内から頬骨体部の骨を切除し、もみあげ後方の切開から頬骨弓部の骨切りを行います。そして頬骨体部と弓部を一体として内側に引き寄せ、頬骨の横径を狭めます。体部には多少の段差が出ますので、その部分は削って段差をなくします。
骨切りされた骨同士はサージカルワイヤーを用いて固定されます。このような骨切り手術は、言ってみれば骨折したのと同じことですので、この固定が重要なポイントとなってきます。
頬骨弓部には咬筋という筋肉が付着していますので、その筋肉の力で下方に牽引されて予期しない位置で骨がくっついてしまったりすることがあります。また骨は骨同士が接触していないと十分な骨新生が起きず、十分な強度が得られなかったり、骨の吸収が起こってしまったりということが考えられます。ですからしっかりと固定することは大変重要なことになります。
そして、この手術法なら、頬骨体部から弓部にかけての自然なラインを残すことができます。
頬骨の骨切り手術を行うと、顔幅が狭くなると同時に、目の外側から顔の外側までの距離が短くなるため、相対的に目が大きく見えるといった副次的な効果も期待されます。