施術案内 〜輪郭形成術〜

どうしても避けられない重力や遺伝子の関係、さらには紫外線やアルコールの摂取・喫煙などから、顔はフレッシュさを失い老けていきます。若返りのための施術には、小ジワなど皮膚に対する処置も大切ですが、その中核となる手術はフェイスリフト手術です。ご希望に合わせていろいろな方法が組み合わされ、あなたの治療が計画されていきます。

輪郭形成術

輪郭形成術は顔の輪郭を変化させる事はもちろん、小顔効果を狙うために必要な手術です。顔の輪郭を変化させるというと、骨を削れば良いのではないかとお考えになるかもしれませんが、顔の骨を削って自由自在な形に削れることはありません。
骨には皮質骨と海面骨という二つの要素があり、皮質骨は、ある程度自由に形態を作ることができますが、海面骨はそうはいきません。また顔の骨には要所要所に神経が走行しており、削ることができない場所もあります。
また神様が創った自然なカーブや造型といったものは、なかなか人間が作れるものではありません。では神様が創ったのにどうして頬骨が目立ったり、エラが張っていたり、アゴが出ていたり、笑うと歯茎が見えてしまったりするのでしょうか?
それは造型は悪くないのに少しばかり横に大きかったり前に出ていたり、長かったりといったことが原因の1つになっているのです。 ですから、私はなるべく神様が創った自然な造型を生かし、位置を変化させることによりコンプレックスとなっている部分を治す努力をしています。もちろん削る以外の方法がない部分もありますが、なるべく位置を移動させ、形態を変化させるようにしています。
削った場合には当然骨は小さくなりますが、その分皮膚は相対的に余ってしまうことになります。位置を移動させる場合には、皮膚もある程度同時に動いてくれますので、皮膚のたるみは最小限に済ますことができるのです。 このようなコンセプトで私は、輪郭形成術術を行っております。詳細については、各ページをご覧下さい。