施術案内 〜目もと(二重瞼)の手術〜

どうしても避けられない重力や遺伝子の関係、さらには紫外線やアルコールの摂取・喫煙などから、顔はフレッシュさを失い老けていきます。若返りのための施術には、小ジワなど皮膚に対する処置も大切ですが、その中核となる手術はフェイスリフト手術です。ご希望に合わせていろいろな方法が組み合わされ、あなたの治療が計画されていきます。

目頭切開

日本人には蒙古ヒダと呼ばれるヒダが目頭側に見られる事が多くあります。
この蒙古ヒダがあっても並行型の二重瞼が作れる方もおりますが、このヒダが邪魔をして、どうしても並行型が作れない方がおります。その様な場合には、全切開法に目頭切開を併用することになります。目頭切開を併用することにより、どのような方でもほぼ並行型の二重瞼を手に入れることができます。
目頭切開の術式には、Z法を始め様々な術式がありますが、私は蒙古ヒダをシンプルに切除する方法を選択しています。この方法の利点は、他の術式に比べ傷跡が複雑ではないため、傷跡が目立ち難いことと、もしも目立ってしまっても、その修正が比較的容易である点にあります。
目頭切開の傷跡は、実際には目立つ事が時々あります。
その場合他の方法だと、傷跡の形態が複雑なため、修正が困難な場合があるのです。私は実際には目頭切開は積極的にはお勧めはいたしません。
なぜなら、傷跡が目立つことがあるからです。ただどうしても並行型の二重瞼を望まれる場合には、最後の手段として目頭切開を選択します。
そしてもしもその傷跡が目立ってしまった場合に、その修正がより容易な方法を選択しているということです。