施術案内 〜目もと(二重瞼)の手術〜

どうしても避けられない重力や遺伝子の関係、さらには紫外線やアルコールの摂取・喫煙などから、顔はフレッシュさを失い老けていきます。若返りのための施術には、小ジワなど皮膚に対する処置も大切ですが、その中核となる手術はフェイスリフト手術です。ご希望に合わせていろいろな方法が組み合わされ、あなたの治療が計画されていきます。

埋没法

まず瞼の皮膚にブジーと言う器具を当て、二重瞼の形のシミュレーションを行います。そこで決定されたラインで、皮膚の裏側と眼瞼挙筋とを縫合する方法です。
通常ライン上で3ヶ所固定を行います。瞼板に固定する方法もありますが、眼球に傷をつける可能性があるため、私は挙筋法を選択しております。
傷跡もほとんど目立たず、腫れも少ないため、今では最も普及している方法だといえます。ただ厚ぼったい瞼をした方や皮膚のたるみがあるような方にはあまり適した方法ではありません。